酵素玄米の保存方法

酵素玄米の保存方法

 

酵素玄米とは、簡単に説明すると
玄米に小豆や粗塩を加えて右周りによくかき混ぜ

 

炊飯器や圧力鍋等で炊飯し
その後3日以上炊飯器で保温し続けることで作られるものです。

 

 

3日以上保温することで、玄米の酵素が発酵し、栄養価が高く
食物の消化や毒素の排出に良い酵素玄米として食べられるようになります。

 

 

それでは、この出来上がった酵素玄米の保存方法とはどのようなものか
説明していきます。

スポンサーリンク

玄米を毎日の食事に取り入れよう

まず、酵素玄米の保存法の一つとして、そのまま炊飯器で
何日間もずっと保存し続ける方法があります。

 

 

その他の酵素玄米の保存法としては、ちょうど良い発酵具合になった時点で
炊飯器から取り出し、冷凍庫で冷凍保存する方法があります。

 

 

もし、酵素玄米を冷凍保存した場合は、風味と酵素の力を保つため
出来るだけ蒸し器などで自然解凍して召し上がってください。

 

 

酵素玄米を保存できる期間としては、そのまま炊飯器で保温し続ける場合
最大で約2週間の保存が可能です。

 

 

しかし、酵素玄米が発酵しすぎてしまうこともあります。

 

 

 

酵素玄米の炊飯器での長期保温による保存は、出来るだけ
一週間から10日以内にしておいてください。

 

 

また、炊飯器での長期保存にはいくつか注意点があります。

 

 

もし酵素玄米から異臭がしてきたら、雑菌が繁殖しているおそれがあるので
それらは決して口にしないでください。

 

 

雑菌の繁殖を抑えるためにも、炊飯器はずっと保温状態にして
決して電源を切らないで保存してください。

スポンサーリンク