玄米フレーク 低GI値の食品である玄米フレーク

低GI値の食品である玄米フレーク

ダイエットや、健康のために体重維持する場合に大切なのは、
運動と食事です。

 

 

運動はウォーキングしたり、階段を使ったりなどすることが必要です。

 

 

食事に関しては、無理に量を減らすわけではなく、
GI値と呼ばれるものを気にする方がうまくいきます。

 

 

例えば、朝はご飯ではなく、玄米フレークにするなどの工夫です。

 

 

GI値とは、グリセミック・インデックスの略で、食品が体内で糖に変わって、
血糖値が上昇するスピードのことです。

スポンサーリンク

GI値が低いものは、血糖値の上昇が遅くなるので、脂肪を作って、
脂肪脂肪の分解を抑制するインシュリンが分泌することを抑えてくれます。

 

 

また、GI値が低い食品ほど、ゆっくりと体内に吸収されるために、
腹持ちが良くて、ダイエットするのに適しています。

 

 

そんな大きなメリットがあるGI値が低い食品でオススメなのが、
玄米フレークです。

 

 

玄米フレークはGI値が低いだけでなく、栄養のバランスも非常に良いのが特徴です。
玄米というのは、精米された白米に比べて、栄養価が高いです。

 

 

ビタミンB群やビタミンE、食物繊維が豊富です。
特に食物繊維は、お通じにも良いので、女性にオススメです。

 

 

玄米はそのまま炊飯器で炊く場合は、浸水時間を長くしたりなどの
工夫が必要ですが、玄米フレークの場合はそんな手間もなく、
手軽に食べることができるのが魅力です。

 

 

玄米フレークにはいろいろな種類がありますが、ノンシュガーのものが、
そのまま食べても飽きないですし、サラダにも使えるのでオススメです。

スポンサーリンク

低GI値の食品である玄米フレーク関連ページ

健康効果について
便秘解消に効果あり
血糖値との関係